相声
きのうTVで英語と中国語もできるお笑い芸人の卵が
「中国語で『なんでやねん』は何て言うの?」と聞かれ
「‘没有!’です」と答えてたけど,ホントなのかなぁ?
“怎么回事!”だとニュアンス違ってくるかな??
[PR]
# by p3-saito | 2005-11-03 18:39 | 中国語 | Trackback(1) | Comments(2)
単語 3
NHKラジオ中国語テキスト10月号を立読みして,HSKで1問ミスしてたのに気づく。
(綜合の筆記で答「環境」と思ったが,簡体字を“坏”と書き間違えた…_| ̄|○)

#环境[huánjìng] 環境
#环节[huánjié] 重要な一環

いつもの事ながら,他にもだいぶ失点しているような気がしてきた。。
[PR]
# by p3-saito | 2005-11-03 17:44 | 中国語 | Trackback | Comments(0)
単語 2
私はなにか「ものごと」の差異に興味があって,中国語の学習もその辺が気になります。

私の辞書では
#汉语[Hànyǔ] 漢語,(一般にいう)中国語
#中文[Zhōngwén] 中国語(ふつう漢族の言語文字を指す)
#中国话[zhōngguóhuà] 中国語(ふつう‘汉语’をいう)

参考書には
a)“汉语”「漢民族の言語」という意味で,多民族国家たる中国には他にもチベット語・モンゴル語
      などがあり,「漢語」はそのうちの1つであって中国の唯一の言語ではない・・・という
      他民族への配慮から中国本土ではよく使う。
 “-文”が付いたものは書き言葉、“-话”が付いたものは口語、“-语”はその両方を含む。
  しかし,そのような区別なくほぼ同じ意味で使うことも多く,あまり気にしなくともよい。
                              『わかる中国語単語1000』/遠藤光暁
b)“汉语”口頭で話される言語の方に重点を置いた言い方,例えば“学习汉语”、“说汉语”。
  “中文”漢民族の書面語あるいは文学作品を指す場合,例えば“中文画报”、“中文系”。
                              『実用漢語課本BOOK1』/北京語言学院
ちなみに
#华语[huáyǔ] 中国語:特に外国籍中国人の共通語をいう.
#普通话[pǔtōnghuà] 現代中国の共通語.北京音を標準とし北方方言を基礎方言とする.
たまに見かけますが“普通語”とは言わない…。(^^;
[PR]
# by p3-saito | 2005-11-02 19:04 | 中国語 | Trackback | Comments(0)
私の英語…ん? 1
中国語の学習はじめて以来,ますます英語から遠ざかっております。
メール書いたりする時,中・高校で習ったのかさえ憶えてなく,ん?となる事が…。

リハビリに小さな事からコツコツと,(尊敬する)大平光代さんを目標に开始。(^^;

  (~することに疲れたと書こうとしてbe tired to…ん?と)
*tired 疲れた
 be tired from ~に疲れた I was very tired from walking.
 be tired of   ~に飽きた I'm tired of this place. Let's go.
  (以前はbe tired with ~で疲れた の方が使われていた?らしい)

(学習単語レベル*中学、*高校、*大学、*一般)
[PR]
# by p3-saito | 2005-11-01 18:55 | 英語 | Trackback | Comments(2)
ことば
10/30(日)の「はやく起きた朝は・・・」(青森県はめんこいテレビ9:30A.M.~)
で磯野貴理子が話していました。
ある天ぷら屋のカウンターでビールが注いであるコップを倒してしまった
お客を見て,その前で天ぷらを揚げてたご主人が店の従業員に
「(お客さんが)ビールをこぼされた。台拭きを!」と言ったのが変?!
(口調は別として)尊敬語?⇔受身形(非難)とも受け取られると。
その場に同席してた貴理子の旦那の説明によると
大阪出身で東京生活が長いその天ぷら屋のご主人は
「標準語にはその様な時に使うふさわしい言い方が無い.
 大阪弁(関西弁?)だと,ビールをこぼしはった(尊敬語)
 ビールをこぼしよった(非難)と言い分けられるのに.」

なるほど・・,日本語の方言も奥が深いなぁ。(゜_゜)

中国語も広東語の方が共通語に無くなってしまった中国語の特徴を
よく保存していると云われているのも学習し始めると感じつつあって
普通话の学習者も広東語をやる意義がありますよ♪
[PR]
# by p3-saito | 2005-10-31 18:30 | 日本語 | Trackback | Comments(4)
ブログの心得
10/29(土)付の日本経済新聞に「ブログで失敗しないための5ヵ条」が載ってて
1.匿名が無難
 匿名で書くのが無難。執筆者を特定しやすい情報も極力載せない。
 ただし、会社がルールを定めている場合はそれに従う
2.守秘義務を守る
 職務上知り得た情報は公開しない。間違っても、公式発表前の新製品や
 サービスなどに関する事柄は発信しない
3.著作権やプライバシーなど他人の権利を侵害しない
 他人の著作の引用は細心の注意で。ブログの読者から寄せられた情報の
 取り扱いや書き込みの掲載にも気をつける
4.職場の備品・設備は使わない
 就業時間内であるかないかを問わず、会社のパソコンやネットワークなどを使って
 ブログを書かない
5.公開前に反響を考える
 ブログは読んで欲しい人も、読んで欲しくない人も読んでいる。自分の書いた
 内容が、読者や周囲の関係者にどんな影響をおよぼすかを考える
(注)マイクロソフトやIBM,米電子フロンティア財団のガイドライン、をもとに作成

…ふむふむ,反則してないょな。(・_・)
ところで、同記事に載ってた(ブログ≠)ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)ってなに?

(追記)&(参照)
[PR]
# by p3-saito | 2005-10-30 18:39 | Trackback | Comments(2)
中国語学列伝 1
HSK前日,神田中国書専門の内山書店で古書コーナーがあるのを初めて知り探索したら
宮島大八編の中国語テキスト訳本『急就篇總譯』(昭和23年文庫サイズ)を見つけ立読み。

興味ある日本の中国語学を少しだけ調べてみます。

宮島大八(1867-1943)
・山形県米沢市生まれ
・米沢中学校(現米沢興譲館高校)卒業
・東京商業学校(現一橋大学)清語科退学
・清国直隶省(河北省)保定府にあった蓮池書院留学(1887)
・善隣書院(中国語学校)創立(1895)
・東京外国語大学中国語学科主任
・『官話急就篇』(1904)戦前日本の中国語教育の経典,40年間で170版あまり出版
[PR]
# by p3-saito | 2005-10-29 00:00 | 中国語 | Trackback | Comments(0)
単語 1
たまたま気になった基本単語を調べて,自分の正確な語彙を増やす試みです。
(HSKで#甲級、#乙級、#丙級、#丁級、#規定無
     基礎≒甲級、初等≒甲・乙級、中等≒甲・乙・丙級、高等≒甲・乙・丙・丁級)

#油条[yóutiáo] 棒状の揚げパン
#油田[yóutián] 油田
#油菜[yóucài] アブラナ / (広東語はオイスターソース野菜?)
#油画[yóuhuà] 油絵
#油料[yóuliào] 植物油の原料
#油漆[yóuqī] ペンキ / ペンキを塗る★把门窗油漆一下。
#油气[yóuqì] オイルガス(?)
#油腻[yóunì] 油っこい
#汽油[qìyóu] ガソリン

初めに覚える油条、油腻などがHSKで規定無なのは不思議だなぁ。
茹で野菜は何と言うのでしょうか?
[PR]
# by p3-saito | 2005-10-27 20:10 | 中国語 | Trackback | Comments(0)
HSK(10/23)
去年秋と同じ青山学院大学で受けてきました。(5回目)

少しだけは听力学習してったつもりでしたが…_| ̄|○
语法の後半から立ち直り,阅读は10割近く
综合の筆記は殆んど分かり書けた気がする

(と思ったのは大間違いで実力の無さを露呈した_12/19)

4択の中に“很行”というミスプリ(だよね)見つけた→“银行”
でも正解は“邮局”の方だったと思うけど。

そろそろ成績の伸びも1回目の頭打ち状態にさしかかりつつあり
多听多说をかなり日常習慣しないと初級⇒中級は行かないなぁ。

ちなみにHSKとは「汉语水平考试」で英語のTOEFLに相当。
 基礎 初中等 高等
          11級
          10級
           9級
      8級  級なし
      7級
      6級      ・・・中国文科系大学入学できる最低レベル
      5級
      4級
 3級  3級      ・・・中国理工系大学入学できる最低レベル
 2級  級なし
 1級
 級なし
私は前回春で未だ5級です。(^^ヾ
[PR]
# by p3-saito | 2005-10-26 18:22 | 中国語 | Trackback | Comments(2)
ブログあいさつ
こそっとブログも始めてしまいました。(^^ヾ

動機ですが,ホームページの方はこれまで通り演繹的に整理したノートとして
ブログの方はその日々思いつく内容をメモとして帰納的に記録しようかなと。

なので,推敲が不十分で間違ってたり、より独断や偏見が混じりますが
そこは,(HP)本文よりも(BLOG)欄外の脚注の如き面白さを狙いたいと
思ってますのでご寛容いただき,コメントお待ちしております。

巷のブログと一線を画すつもりで書いたら,自分でもなに言いたいのか?
これからは気を抜いて…モトイ、気楽に書いていきます。(^^;
[PR]
# by p3-saito | 2005-10-25 00:56 | Trackback | Comments(2)