人気ブログランキング |
発音
以前,車中でラジオ聞いて「随分(日本的発音で)下手な英語だなぁ」と思ったら
国連の明石事務総長だったことにビックリしたことがある。私は英語の発音は
割と気にして自負もあったけど中国語の発音は老師に直され難しいなと思った。

よく“是”を「スー」,“这个”を「ツグ」等と訛った中国語使う同僚いて,ダニエル・カール
の日本語になりたくないと思ったものだが,かといって中国人になりきる程迄
発音にエネルギー費やす拘りも無いと思ってたら,全く同感な記述あり引用する。
『中国語の環』71号('05-12)私の中国語学習法(9) 荒川清秀
○中国語を学ぶ目標
 中国語を勉強するのは,中国人のようになりたいからだと思っている人が
いる。だから,発音も中国人のようにならなくてはと思う。たしかに,中国人
のような発音に近づけることは大切だ。一つ一つの音だけでなく,文の調子
も近づけたい。あの躍動感を人に与える中国語である。しかし,中国語学習
の最終目標は中国人のようになることだとは思わない。発音がどこか日本人
っぽいとか言われても自分の言いたいことをきちんと中国人に伝えられること
の方が大切だ。いくら発音がよくても,伝える内容がなくては意味がない。
私が語学(英語・中国語・広東語)をやってる目的まさにそのものズバリだ。(^^)♭
                          “正是目的本身”で合ってるかな?(追記)
by p3-saito | 2006-04-19 18:55 | 中国語 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://p3saito.exblog.jp/tb/3502782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by YUMING at 2006-04-19 19:40 x
こんばんは。まさしくおっしゃってる通りですよね。
そして大事なのは、発音より声調でしょうね。発音が多少あいまいでも声調が正しければ通じますよ~少なくとも私はそう思っているし、経験上もそうでした。
Commented by Saito at 2006-04-19 22:11 x
欢迎你来了!YUMING小姐。
私も同じ経験してましたよ~。学習前,中国で“洗衣”や“以后”を声調知らずに発音したら通じませんでした。(^^; 拼音はそれこそ記事の“是”をshì(シー)と標準でなくsì(スー)と訛っても通じますよね。
Commented by YUMING at 2006-04-19 22:35 x
そうでしょそうでしょ!
そして、たまに世話好きの老大娘にあったりしたら、
正しい声調や発音が言えるようになるまで、店先で教えてくれますから(爆)
Commented by p3-saito at 2006-04-19 23:15
比起老大娘来,我更喜欢年轻的姑娘。 日本語では書けません…。(^^;
Commented by Marie at 2006-04-21 00:49 x
こんにちは!コメントありがとうございました。
伝える内容がなくては意味がない、本当にそうだと思います。
中国は特に、会話を楽しむのが上手な人が多いので、その点では中国語というのは学び甲斐のある言葉ですね。
Commented by Saito at 2006-04-21 22:45 x
欢迎你来了!Marie小姐。
最近は生の(?)中国人と話す機会ご無沙汰してますが练习,练习,再练习!
Commented by neihou3 at 2006-04-29 11:03 x
コメントありがとうございました。耳が痛いです・・・・確かにそうですね。
自分は発音だけは耳がいいらしく、老師からも「中国人と変わらん」と言われましたが何より文法が・・・・・・
基本は大事ですね。
Commented by Saito at 2006-04-29 13:15 x
欢迎你来了!neihou3先生。
「中国語発音よければ半ばよし」とは相原先生の言葉ですが私も同感。
文法は正確に伝える意図に必要かなと思ってます。(^^)
<< 私の英語…ん? 13 トラブル ?(経過) >>