<   2012年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
なかま
a0050462_23465869.jpgミニストップ1個発見。
[PR]
by p3-saito | 2012-06-30 23:50 | Comments(0)
NHKラジオフランス語の
(私が聴いたうち)入門で最好なのは清岡智比古先生だが、初級では藤田裕二先生だな。
(ちょっと気に入らないとこはあるけど…)現行,アンコールと2クール同時聴けまるで私の為に放送してる?(^_^;
[PR]
by p3-saito | 2012-06-29 17:30 | コッソリ仏語 | Comments(5)
なにか
(規模も取り組み方も違うけど)おれ流テキトー(試行錯誤)農法になんとなく親近感を感じる私。(^^;
[PR]
by p3-saito | 2012-06-27 00:37 | Comments(0)
今年の新作
  ホーマックで見つけ買ったパパイア(¥498)
   人手形の葉っぱがイチジクに似てるね
a0050462_1924162.jpga0050462_1932544.jpg
                             (父が亡くなり枯らした)姫リンゴの
                    (苔付き具合+)ちょうどぃぃ大きさを見つけ(ちょっと
                             お高いけど)5年≦ぶり我家復活ょ
[PR]
by p3-saito | 2012-06-24 19:00 | Comments(0)
こんどは
a0050462_0175564.jpga0050462_0185459.jpgテキスト(なぜか)手に入りました。NHKラジオフランス語'77/4~9の(図書館除籍品?)背表紙糊付け合冊(いわゆる裁断自炊ではない)。これで勝ったな…。(^_^;
[PR]
by p3-saito | 2012-06-20 00:35 | コッソリ仏語 | Comments(2)
雑誌(連載3.1)
お待たせ致しました。(震災により)導入部で休止してましたが,ほぼ1.3年振りぃょぃょ本編を再開します。「中国語ジャーナル」も4月号から季刊誌になり、第?次中国語ブームも収束に向かってるかと思うが,「中国語の環」や「月刊中国語」以前に学習雑誌(NHKテキスト以外)なかったかというとそんなことはなく,戦前にあった支那語ブームは現在の比ではない(ほど盛んだった)ようだ。
a0050462_10513423.jpg
<東京編>
㊤「支那語」_外語学院出版部(昭和7年~で第5巻第6号の昭和11年モノ)
 主幹 宮越健太郎によるもので1冊しか所持してないが特に見るとこない(ので入手不用)。
㊥「支那語と時文」_開隆堂(昭和14年~のうち第1巻第2号~4巻12号モノ)
 編輯 奥平定世によるものでゃゃ堅いかな。

マニア度:4.0
a0050462_16504782.jpg
㊦「支那語雑誌」_螢雪書院(昭和16年~第1巻第3號~4巻2號昭和19年モノ)
 主幹 宮原民平によるもので手元に22冊ある。これは活気があって頗(スコブ)る好い!
 執筆陣も多彩で(のちに読者から)太田辰夫先生も加わったりしてる。何より素晴らしい
 のは,読者の欄が充実してて,読者の意見に編者が忌憚なく突込み(双方向の意見
 交換あり)時には中国人含め論争にまで発展してる(ex.軽声と重念)。(かつて「月刊
 中国語」にもその感あったが)それこそ学習雑誌の本懐であると思ってる私。また,福建語
 (は陳真先生の父の陳文彬が講師)・廣東語・蒙古語・馬來語・上海語(は坂本一郎が
 講師)会話講座もあり更好。途中(第3巻4號昭和18年)から合併し帝國書院発行となり,
 (昭和19年1月)主幹が亡くなりその名を表紙から外してる。
[PR]
by p3-saito | 2012-06-16 19:00 | 中国語 | Comments(0)
Cube
ちらっ。
a0050462_18212933.jpg

[PR]
by p3-saito | 2012-06-13 18:18 | Comments(0)
2年目の
今年も(より)大きな花を付けましたょ。何かわかるかな?
a0050462_0111239.jpg

[PR]
by p3-saito | 2012-06-11 00:06 | Comments(0)
五一黄金周ソノ(Jazzコルトレーンの巻2)3
(5週間も書改完が遅れてしまってスマソ^^;)

私(20年来通ってる方)のカフェ勉喫茶はジャズ流してる(でも所謂ジャズ喫茶ではない)。
いつも行く時間帯に流れてる(CDの)中にコルトレーンの演奏とわかるけれども曲名が
わからないのがあって,ずっと気になっていた。

(ジョン・コルトレーンもマイルスの様に定番紹介すればぃぃのだが今回は私的逆順で…^^;)
ジャズ聴き始めて30数年(演奏者は耳でだいたいわかるが),世間で評判ょぃけど
どこがょぃのかちっともわからないCDが私にはこれまで3枚あった(2つは白人)。

その内の1枚が↑コルトレーンのBalladsで何度聴いても馴染めないでいて,コルトレーンは
特徴のシーツ・オブ・サウンド(1番好きなのはそれでないが)も、フリーに走ってさえも許容
できてたが,この軟弱さ?はどうしても違和感がありこれまで受けつけられなかった。

ところが(このタイプの曲はみな同じく聴こえ、上記の様に曲名もわからず)もぅ何百回
も聴いてたカフェ勉喫茶で,ある日ふと心地好さを感じてる自分に気づき,ん?!これは
もしかしたらBalladsに入ってた曲なのでは?と…└の変化に人生、表も裏も含め好し。
[PR]
by p3-saito | 2012-06-09 19:58 | ミュージック | Comments(0)
BSフジ三国志
司馬懿(仲達)も登場して(TVでは)孔明と劣らぬ洞察力に学ぶ点や存在感がありますね。
先週の第45話「曹沖の死」を観おわりテロップ流れる中に同級生の友人の名が!(゜0゜)
(当ブログにも1度コメントあり役者&声優{ジェームズ・ボンド吹替も}で頑張っているのですょ)
[PR]
by p3-saito | 2012-06-08 23:58 | Comments(0)