<   2011年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧
フランス語メモ 38
今年は最後のカフェ勉にて疑問
anは辞書に「年」(男性名詞)とある。annéeは「年」(女性名詞)とある。
「来年」は辞書にl'année prochaineとあるが,ではl'an prochainは何?(違いは?)

P.S. 今年は大掃除や正月用意も手抜こうと思たけど(性格的にやてしまい)1人で大変あるょ(^^;
[PR]
by p3-saito | 2011-12-29 23:28 | ゴッツリ仏語 | Trackback | Comments(2)
中国語メモ 90
紀香のテレビで中国語の先週のBD録画を観てたら
・“合同 hétong”(中国語)が「契約」(日本語)だというのを知らなかった気がする私…(^_^;
 (ついでに「合同」{日本語}は“联合”{中国語}でした)
[PR]
by p3-saito | 2011-12-28 22:42 | 中国語 | Trackback | Comments(0)
中国語メモ 89
先週のカフェ勉でHSK問題集の語順問にあった

60 这个地区经济发达,A 吃、住、行等方面 B 都 C 相对 D 方便。
                    比较

①問題のどの位置に入れるかも少し迷ったけど
②“行”はhángか?xíngか?、またその意味は?
③“相对”の“相”は1声か?4声か?
すぐにわかりませんでしたょ。(^_^;
[PR]
by p3-saito | 2011-12-27 23:59 | 中国語 | Trackback | Comments(0)
France 4.1
a0050462_1926340.jpg

気に入ったのでCDも購入しちゃって届いてましたょ。(^_^;
[PR]
by p3-saito | 2011-12-26 19:28 | ミュージック | Trackback | Comments(0)
ぇ~
カフェ オ レ と カフェ ラ テ って同じ?(どぅ)違う?

P.S. カフェ勉してたらオバちゃんが「カフェ テラがおいしい」って言った…(゜゜;
[PR]
by p3-saito | 2011-12-26 11:23 | 日本語 | Trackback | Comments(4)
仏検3級(結果)
きょう通知が届きましたょ。

得点64点(基準点60点≦)・・・合格!
(今回の合格率58.5%)
 コメント:Félicitations pour votre succès !
      「仏検」合格です、おめでとうございます!
      あなたの努力は報われ、フランス語の実力は認められました。
      この勢いを駆って、さらに上を目指されますよう、つぎにも
      朗報をさしあげることができますよう、願っています。
     Bon courage !

……まずい!やばい?
まったく予想に反して合格してしまいましたぁ~○| ̄|_
語感のみによるマグレとしか言い様がありません。
(中国語は中級者を名乗ってますが)
フランス語は初級者とは言えないので,クリスマスプレゼント
まだ引き続き入門者≒4級ということでよろしくね。(^^;
[PR]
by p3-saito | 2011-12-25 16:57 | ゴッツリ仏語 | Trackback | Comments(2)
中国語メモ 88
きょうのデーリー東北の天鐘に載ってたので引用
▼語源に関する話をもう一つ。餃子の中国語の発音は「チャオズ」という。ある中国人が独特の鼻濁音で発音したため「ギャオヂ」となまったらしい。初めて食べた日本人に餃子の名を聞かれ「ギャオヂ・ア(餃子・だよ)」と答えた。感動詞のア(だよ)が付いたままで使われている▼萩谷朴さんの著書『語源の快楽』(新潮文庫)の中で紹介されている。
チャオズというのはいただけないが,ギョーザに音変化の噺は私知らなかったかも。
ジィァオズをギャオヂとなまる中国人っていったいどこの人(or方言)か?
発音した側というより,聞いた日本人の耳に由来するんじゃないの?

(追記)
・私もしかして“饺子”が儿(er)化するのか?まで辞書引いちゃったじゃないの(^^;
・ん!中国は「水餃子」の“水饺”だけど、日本の「焼餃子」は“锅贴儿”だよなぁ…
 グゥオティアル⇒ギョーザってどっかでみたことあったようななかったような気もしてきた
[PR]
by p3-saito | 2011-12-24 23:57 | 中国語 | Trackback | Comments(0)
散文sǎnwén 3
きょうは今年最後の祝日で,ひさしぶりにコルトレーンのASCENSIONを聴きながら書いてますょ。(きのうの夜一寸観たMHKの松本人志で,落語の桂枝雀が言ってた集中と弛緩じゃないけど)去年の暮れは地デ鹿が来たりして忙しかったのが,今年の年末はもぅ年賀状も書いて出したし大掃除も(分割)あと客間とトイレ・階段と正月の用意だけで,日頃メリハリの私はめずらしくリラックスの休日に,頭を軟らかくして考えてたら(正岡子規じゃないけど)「ょぃネタがのそのそと湧いてくるんじゃぁ~」というわけで…。(^^;

(同じ事は重複して書かない私なので,角度を変えて考えてみてたのが)
ふだん中国語やフランス語を学習している時は,(ラジオ講座がかったるいなぁと思うことあっても)学習意欲(やる気)が無くなってしまうことはこれまでない私ですが,というか(常々勉強したくてたまらん❢症候群が出たり)ほとんどいつもコマ切れ学習のモチベーションが励起しているのですょ。

ただ,中国語とフランス語では私の場合,学習へ取り組み方が異なってたように思い返してます。中国語は,先に仕事で中国(の人や文化に触れ)へ興味を持ち,それから中国語で意思疎通したいと思う様になったのが学習のきっかけでしたが,フランス語は,先にフランス語自体に興味を持って,学習していくうちにフランス文化(や人)に関心が芽生えてきてました。

学習教材も,中国語は例えば私所有の辞書は(割と古い)初版のが多いのですが,フランス語は最新の改訂版の購入が多かったりしてるのでした。学習(評価)対象は,どちらも(最終的に)作文の実力を重視に感じてたのは同じでしたけど。

ともあれ,なんで自分はこんなに学習することに惹かれるのだろうと思い至るに,これはやはり亡き父の意志が継がれているのだと思うのです。父は昔の尋常小学校卒(それも家の炭焼であまり学校に行かせてもらえなかったと)で,そのあと15歳から近くの水力発電所で働き(独学して)東北電力に入社し,八戸火力発電所が出来て転勤して東北管内を45年勤めたのでした。(ちなみに母は昔の高等小学校{今の中学校}卒で「私の方が学歴ある」と威張ってて^^;女学校{今の高校}も受かったけど戦争未亡人の祖母の元でこちらも経済的に進学はできず.手に職をということでドレメ専門学校へ通い農協に勤めたのが最初と)

父は(仕事にて独習して)電験一種の国家資格も取ってて,定年前はLNG子会社へ出向で高圧ガスの資格も取った。(私は素人なのでよくわからないが最初に入った会社では500kw以上の電動機で試運転するとき何か資格ある元工場長が名古屋から関東までやってきて立会う必要あったけど)私の身近には三種の人だけでした。

写真は父の部屋(そのママにしてる)の書棚です。
a0050462_1331866.jpga0050462_134751.jpg
昔の人としては専門書の数もよく持ってると思ってました。私なんかだと学習も本の最初の方だけで積読のが多かったりしますが,(驚いたのは)父のを開くと終わりの方まで赤鉛筆で線が引いてあり大体全て勉強していたらしいことです。他に微分や積分の解説書もあって,私が高校生の時に父が「微分(や積分)は~~ってことだよな」と質問してきたことあり,ちゃんと理解しておりました。
(なお,このスチール本棚は私が父に「ちょうだい」と言われてお下がりであげたモノ^^;で,私の蔵書は父の10倍位ある…)

父が苦手だったのは英語でしたが,それでも趣味のアマチュア無線にカタカナ英語で話して世界中の交信QSLカードもある(これも私にパソコン通信⇒ホムペ⇒ブログへ継がれてると思う)。小学校卒の学歴でまた勉強したくてもできない環境に父は独学でよくやったと思ってますが,それが私の「学習せずにはいられない」魂なんだなと。

学習に限らず,(不便や)面倒な状況にある(自分の身を置く)ことが却ってその後の(私も)人生を豊かにしてきたのを感じるし,S.ジョブズのstay hungry,にも通じるか。
[PR]
by p3-saito | 2011-12-23 21:45 | Trackback | Comments(1)
mixi
に「太る人と太らない人の生活習慣」というのが載ってたけど…
(太る人のパターンも半分当たてるのに全く太らない太りたい私^^;)
[PR]
by p3-saito | 2011-12-23 17:30 | Trackback | Comments(2)
フランス語メモ 37
音読(や語彙)記憶にちょうどぃぃ文章なので引用。
 Un nouveau jardin public s'est ouvert en avril dans mon quartier. Ce n'est pas un jardin comme les autres. On n'y trouve pas de bancs pour se reposer ou lire. Les enfants n'y jouent pas avec des balles. Mais il y a beaucoup de petits champs à louer. On y cultive des légumes ou des fleurs.
 Le jardin est ouvert à tout le monde. Tous les habitants de la ville ont le droit de louer un champ et il est possible d'en louer deux ou trois s'il y a des champs disponibles.
 Ce sont les hommes plutôt que les femmes qui cultivent ces champs. Beaucoup de gens viennent au jardin très tôt le matin avant d'aller travailler. Les légumes préférés sont la tomate et la pomme de terre.

[PR]
by p3-saito | 2011-12-23 12:20 | ゴッツリ仏語 | Trackback | Comments(0)