<   2010年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
仏検4級(結果)
さっき通知が届きました。

得点75点(基準点60点≦)・・・合格
(今回の合格率74.1%)

仏検の5級と4級は中検の準4級と4級より差がある感じがしました。
いちおうフランス語学習の今年の(隠し)目標は達成めでたし、めでたし。
来年も基本を着実に学習を続けますょ。
[PR]
by p3-saito | 2010-12-25 12:12 | ゴッツリ仏語 | Comments(0)
雑誌(連載1.0)
マニア度3
a0050462_015081.jpg
(前回の予告から5ヶ月…忙しさ今が集中ピークだけど敢えて)
まずは発行が内山書店に変わってからの「月刊中国語」('90-4~'04-3¦364~530号)
私が中国語学習を始めて1年過ぎた頃そろそろ↑定期購読しようと思った矢先に↑で休刊。
(はるさめさんを知る前に)この雑誌が中上級者に愛好されてたのを察知し後追いで収集。
手元に内山分は104冊あり(その前から精読してたのですがそれだと死ぬまで読み終らぬ
ため年明けから得意の速読に切り替えますょ)内容の好さは都度記事にしようと思います。
ちなみにサイズA5判で装丁は(たぶん)'93-3月号まで糊綴じで同4月号以降ホチキス綴じ。
[PR]
by p3-saito | 2010-12-20 00:45 | 中国語 | Comments(2)
レコード
a0050462_20212830.jpg
NHKラジオフランス語の付属音源は今CDですが,以前はカセットで,その前はレコードなんですね。
やはり中に解説冊子あり21セット全部合わせて110円で入手しましたょ。(^_^)
[PR]
by p3-saito | 2010-12-18 20:27 | コッソリ仏語 | Comments(2)
想定外2
a0050462_2338818.jpg年賀状買いに文房具店行って禁断の探索し衝動買い2
(右の2つが本題{左は文庫本大きさと比較のため})
モレスキンのノートは表紙が堅くて嗜好の対象外だったけど、例のノートの超小型系か!と思わせる潔よさ光線に眼が…。縦がA7、横がほぼB8という大きさ。写真見づらいですがこのノート2冊セット(赤/茶選んだ)で薄くて(文庫にもカバーしない主義の私ですが)2冊差し込み持ち歩けるカバーもないかと物色したらこの変形サイズ?にピッタンコのが上¥137と即買い(文房具はお金掛らずとてもょぃ趣味ね♭)。いつも必要になって(使う目的を持って)からしか購入しない私としては珍しいが、すぐに使い道も思いついたもんね。(^^;
[PR]
by p3-saito | 2010-12-16 00:30 | 文具 | Comments(2)
游历
a0050462_23253885.jpg先週アマゾンで買ったアフリカ音楽のガイドブック・『ポップ・アフリカ700』/荻原和也('09)
実はこれ書店初出時に遭遇し立読みしてたのだが「こんなマニアな本を誰が買うのだろう?」と思ってた。10代からロック、ジャズを聴き始め遅れて30代からソウルに嵌り
a0050462_2346190.jpg・『U.S.ブラック・ディスク・ガイド』/鈴木啓志('91)を師匠①と仰ぎ,その後こちらに書店で出会ってもやはり「こんなマニアな世界に私は惹かれることはないだろう」と思ってた↓
a0050462_035967.jpg・『ブルースCDガイド・ブック』/小出斉('95)も師匠②となるのは40の声をきいてからの私でしたが。(ぁ、人の意見を鵜呑みにしない私ですからガイドブックはあくまで参考資料で、自分の耳と5感が評価基準であるのは言うまでもありませんょ)たしか'70年代に中村とうようが民族音楽を指向しても興味なく、'90年代には有線でアフリカ音楽を聞き触れてはいたもののCD買おうとは思わなかった私が,フランス語の学習から清岡先生の放送を通じて50代からこの道に至るとは…(六鹿先生のが初聴だったら危ない道へ踏み込むところだったかな?^^;)。余談;北アフリカがこの本に含まれてないのはどうしてなのだろう?
[PR]
by p3-saito | 2010-12-12 00:34 | ミュージック | Comments(0)
新的电视机来了
a0050462_1123114.jpg
わが家にもやっと地デ鹿がきましたょ。
これまで29㌅ブラウン管でしたが32㌅液晶は少し小さめになった感じ。
(↑にはデジタルチューナー追加で節約し↑はこの際に1式とBDレコーダーも購入)
雑誌でエコポイントをアンテナ工事代金に使えると調べてたので有効活用して
父母が約20年前に立て錆てたのもマストから取替えBSアンテナも今回追加。
(今までVHF1本とUHF2本で青森と岩手の放送を受信してたのが
 UHF1本でブースターも新しくしたら感度大幅upし技術進歩してた!)
もとよりテレビは(母が生前の時、私にチャンネル権はなく^^;)NHKの
ニュースと教育の語学番組くらいしか見ない私(のTVはかつて30年前に
バイトで買ったのをカラーが白黒になるまで使い倒し15年程自室にない)
でしたが、このところあちこちチャンネル回し押しぇぇなぁ~と三昧だす。(^^)u
[PR]
by p3-saito | 2010-12-11 12:23 | Comments(0)
お菓子2
ウォーキング帰りに売店でみつけた社会福祉法人の「合掌土偶古代焼(どんぐりと竹炭)」
a0050462_20215354.jpg
ぃぃ食味してましたょぉ~

[PR]
by p3-saito | 2010-12-09 20:27 | Comments(2)
教材 20
a0050462_20513010.jpg(先の仏検4級帰りに盛岡ジュンク堂でみつけ購入してた)
[私の辞書|フランス語]
・『ラルースやさしい仏仏辞典NIVEAU1(復刻版)』_駿河台出版社('07-3刷)
仏仏辞典を使うのまだ早いが,構成やイラスト気に入り,品薄なのも私好み?
[PR]
by p3-saito | 2010-12-08 21:27 | ゴッツリ仏語 | Comments(0)
中検2級(作文1)
中国語学習はもぅ作文メインでぃぃとわかったので(何も見ずの)。

[日文中訳](中検2級_第72回)
1)タバコほど体に悪いものはない。
2)橋本さんはよくもあんなに難しいことが分かるもんだね。
3)きみが行きたくないんだったら,今回はやめにしましょう。
4)何か困ることがあったら,ひとりで悩むことはないのよ。
5)こんなこともできないなんて,困ったもんだな!

私(や同学)の回答
[PR]
by p3-saito | 2010-12-07 01:52 | 中国語 | Comments(5)
つれづれと。(散文 1)
TECCの帰りに買った日経にリービ英雄氏の書いた記事が載ってたのを読んで
そういえば、むかし初めて氏の名前を眼にしたのは,「リービ英雄の書く英語は
手本になると松本安弘が」書いてたのか、「リービ英雄の書く日本語は手本になると
井上ひさしが」書いてたのだったか思い出せなく,書棚をあたってみたら
松本安弘が「日本人カズオ・イシグロの書く英語は日本人の英文とはとうてい思われない
(ネーティブなみ)」及び「米国人リービ英雄の書く日本語は米国人の書いた日本語と思う
人はいないであろう(同上)」だった。15年前の読了で私の頭はボケてますかな?

とまれ今回リービ英雄の書くその日本語の文章を読んで「う~ん」と唸りました。
日本の心に入り込んでいて、また日本語と外国語の視点の揺らぎにも触れてます。

ここで私らしく(^^;話は少し脱線しますが、私がいままで読んできた日本語
の文で最も手本としたく思っているのは,『中国レポート』を書いた有吉佐和子の
文章です(私は持ってるけどこの文庫なぜか絶版で、いまの時代に出版したら売れる
だろうにと)。ぁ、私の手本というのは内容ではなく日本語の文章の書き方です。
(脱線ついでに{タモリ?サンマ?と喧嘩した?}有吉女史のタイプは個人的には好きじゃない)

話を戻すと,その前の先日もルース・ベネディクトの『菊と刀』の英文リーダーを見つけて
買ってしまいました。これはむかし訳本が社会思想社の現代教養文庫で出てた
(けど会社が潰れ最近別な文庫が再発してる)のをやはり15年程前に読了してて
日本へ1度も来たことがない女史なのに日本人と西欧人のあらゆる差異を見事に
言いあて日本の精神文化をそれも(情報など限られてた)昭和20年代後半の研究
だったことに感銘した憶えがありました。

この本を知ったのは、前の前の会社の上司(いまは社長)が紹介してたのですが
私が20年来カフェ勉してる喫茶店で、以前あるオバちゃんが「『菊と刀』っていう
本はとても素晴らしいわよ」とその内容を友達オバさんにお喋りしてるのを聞き
「(私も読んだことあります!と話し掛けたい衝動を抑え乍ら)この本を読み通し
その価値が解るそれもオバちゃんが八戸に居るなんて!」と驚いたのも想い出した。

私が中国語やフランス語(や英語も)を学習してるのはこの辺りにあるんだなぁと…。
[PR]
by p3-saito | 2010-12-06 20:50 | Comments(0)