<   2009年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧
リヤカー
司馬遼太郎の『台湾紀行』を読んでたら,「後車」にリヤカーとふりがなが振ってあった。
ん?!たしかに元々はリアのカーなのだろうが,独立した単体のイメージであったのとそも
そもリヤカーって英語なのか?中国語ではどう言うのか?と調べたい心がムクムク湧いた。
・英和辞典には載ってなかった
・『精選日中中日辞典』には(挂在自行车的)拖车とあり、拖车はトレーラーとあった
結局,(広東語/上海語/台湾語にも)「後車」という単語はなかった。当て字か?

オマケ
[PR]
by p3-saito | 2009-09-29 20:02 | 日本語 | Comments(10)
基本
『月刊中国語』'73-10月号に伊地智善継先生が書かれてた。
(1)耳でよく聞きわけること
(2)耳で聞いたことを正確に口まねすること
(3)正確にまねたことをすらすらと言えること
(4)口で言うと同時に意味を理解し,意味を思いうかべると同時にそれを口で言えること
なんと!私もこれと同じ学習方を不知不觉やってたのだった。
やはり、36年たっても変わらない大切なことは普遍的だよね。(^^)v
[PR]
by p3-saito | 2009-09-28 20:29 | 中国語 | Comments(0)
a0050462_23101424.jpg
母の寝室を掃除してて本棚にあったちょうど30年前の雑誌1冊。
母は旅行が好きで日本全国や海外はハワイとヨーロッパも行った人だったが,「東南アジアだけは
旅行したいと思わない」と生前口にしていた。それがこの雑誌もこれ1冊だけあり,時期的に
国交回復し日中平和友好条約が締結されたとはいえ,それ程まだ日本から中国へ観光に
行く人も多くなかったのではと思われる(そう言えばこの頃に上野先生や相原先生が中国へ
研修留学されてたはず)のに,どうして母はこの中国特集号を当時買ったのだろうか?(謎)
[PR]
by p3-saito | 2009-09-27 23:07 | Comments(4)
'09NHKラジオまいにち中国語 120
前期が終わり,郭春貴先生の講座で私の評価は○(★★★★☆)だった。
ネイティブならではの(テキストに載せてない)説明が少なからずあって加点。
これでホントに中国語は入門編聴くのやめ,後期は来週からフランス語だょ。
[PR]
by p3-saito | 2009-09-25 20:00 | 中国語 | Comments(4)
今日の短文
・凡是错的东西,都应该改正。
・既然知道错了,就应当赶快纠正。

オマケ
[PR]
by p3-saito | 2009-09-23 12:00 | 中国語 | Comments(0)
残暑ざんしょ
a0050462_18411152.jpg
仙人掌(除了两盆以外)又一次开了!

[PR]
by p3-saito | 2009-09-19 19:19 | Comments(0)
'09NHKラジオまいにち中国語 114
私なら介词“除了”には2つの(正反対な)用法がある事をセットで学習したい。
a:[排除](~以外は/~のほかは)
除了……(以外),……(/)……。 ~を除いて,みな~だ。
・除了我(以外),大家都知道。
・除了铃木以外,其他的人都不喜欢运动。
・除了星期日和星期六我们都不上课。
・今天我除了看书什么也没干。
b:[添加](~以外に/~のほかに)
除了……(以外),……(/)……。 ~に加えて,また~だ。
・除了日语(以外),还会汉语。
・除了铃木以外,山本也喜欢运动。
・除了星期日,星期六我们也不上课。

オマケ
[PR]
by p3-saito | 2009-09-17 21:00 | 中国語 | Comments(0)
Classic 2
  マーラー交響曲№5    シベリウス交響曲№2   ショスタコーヴィチ交響曲№5
   (1987)VPO       (1986)VPO       (1979)NYP
a0050462_199053.jpga0050462_1993671.jpga0050462_19102236.jpg
   ★★★★★       ★★★★☆       ★★★★★
左は何年も前に買って久しぶりに聴き直した。右2つが今回購入ので,其々SHM-CD,Blu-specCDの限定盤。全てレナード・バーンスタインだが作曲家の年代的にも興味深く並べてみた。マーラーは麻薬の様に嵌ると評されるがRockだとドアーズに相当する気がする。だが私はこの第5番を初めて聴いた時に全然好さが解らず,数回聴いた後に好いと思う様になった。シベリウスとショスタコーヴィチはどこかで聞いた事がある様な旋律があった。
[PR]
by p3-saito | 2009-09-16 20:00 | ミュージック | Comments(2)
'09NHKラジオまいにち中国語 111
郭春貴先生は放送で“只”と“才”の使い分けを説明した。
が,1部不足してると思う。“只”も名詞の前にも使え
・屋里只(有)我一个人。…“有”はあってもなくても可。
・只他一个人坐车,我们都骑车去。…主語の前も可。
[PR]
by p3-saito | 2009-09-15 19:00 | 中国語 | Comments(0)
東京巡回
先週末に今年初の東京巡回へ行って来た。今回は万年筆専門店の潜入が主目的でした。
あいにく雨の中,まず御徒町アメ横脇のダイヤストアを目指し,ちょっと怖いオバちゃん店主の
ネット情報だったが,その手の方の取り扱いには百戦錬磨の私に気配を感じたのか(^^;
それほどでもなく適当にあしらいました。思ったより小ッチャな店で帰り路に眺めた立花商会
が種類ありそうでお姐さんが名刺くれた。マルイも覗いた。それから神田の金ペン堂へ向った。
古書街は30年近く通ってるのに万年筆の世界で超有名(?)な店の存在に気づかなかった。
こちらは名物オヤジ(らしき人)と息子が客の私には声かけず後から鋭い視線を感じた(^^;
金ペン堂仕様でペン先EFもさらに3種太さに分かれてた。(初回の万年筆は2ヵ所で了)
遅い昼食をとり,亜東書店へ。以前に東方書店で立読したけど買わなかったHSKの赤本/
青本が(某所で評判好く)版元品切も店頭あったので買ってしまった(青カセットは後で見た
内山書店の¥2100が¥1800で得したょ♪)。東方書店では作文テキスト3巻購入し了。
夜は川崎の日本酒店で弟夫婦と呑食い,6年ぶり弟マンションに泊り,八戸から2.7㍑持参の
ユスラ梅姫リンゴ酒と先に宅配の地酒もシコタマ呑んだ。控えて巡回したが15000歩/日だった。
翌日に相続総括,隣の鶴見駅から(我家の菩提寺の曹洞宗本山)総持寺が近くにあると
いうので母の替わりと拝みに(ついでに裕次郎墓も見た)。寺は意外に観光化感なかった。
昼は登茂吉で蕎麦を食べ,午後に久し振り渋谷のタワレコでCD購入し帰途についた。
1区切りし,有意義な休日過ごせリフレッシュできたので,これから自己の中国語学習へ注力。
[PR]
by p3-saito | 2009-09-14 21:00 | Comments(3)