カテゴリ:ミュージック( 95 )
China 6
王菲(フェイ·ウォン)や许美静(メイヴィス·シュー)、张惠妹(A-Mei)も好みだった私ですが
当時(10数年前)なぜかケリー·チャンに嵌ることはなかったなぁ…。

(歌詞など)
[PR]
by p3-saito | 2018-01-14 17:18 | ミュージック | Trackback | Comments(2)
マニア?入手!
ジョン·コルトレーン○「至上の愛」ライヴ
a0050462_23564617.jpg
CD1枚ものアンティーブLive(冒頭アナウンス司会ないが)「至上の愛」のほか翌日の「Impressions」1曲も収録
J!MCOのCDは'90年代に何か記憶あるけど、このライブ盤が'94年に出てたのは知らず

[PR]
by p3-saito | 2018-01-13 23:57 | ミュージック | Trackback | Comments(0)
去年末の1枚
ジョン·コルトレーンの「至上の愛」
a0050462_23364894.jpg
(最盛期はCD100枚程/年買ってた私もぅ買うの少なく数年来1~2枚に激減)
10年振位で車内オーディオ聴く習慣復活にて、myブームのトレーン再燃。
(同じCD買い直し滅多にない私)これまで「至上の愛」は既に2回所有('87と'00年)
上記DELUXEエディションは'02年の2枚組で、当時渋谷のタワレコで見掛けてた憶えあるけど
(よく見ず)未入手。後年、1枚はスタジオ録音も(デラックス·シリーズ)もぅ1枚がライブ盤と知り
気づいてからは遭遇せず15年経て入手。トレーン至上の愛はアンティーブ('65フランス)ライブ唯一?
ほかで後にコンプリ盤(3~2枚組)も出てるがやはりこの'02発売のが好いと私も思った。
(これで挿入ネタは終了)
(追記)     原題      邦題
 アルバム A Love Supreme  至上の愛
 曲名1 Acknowledgement  承認
             2 Resolution      決意(←1/8_12:55ボキャブライダーも)             3 Pursuance      追求 (└1/9_8:30タイムトライアル「抱負」)
   4 Psalm        賛美

[PR]
by p3-saito | 2018-01-06 23:55 | ミュージック | Trackback | Comments(0)
宇宙人


(日本語版)


(コッソリ)
[PR]
by p3-saito | 2017-11-16 23:07 | ミュージック | Trackback | Comments(2)
いつものょぅに
(土曜の朝)P.バラカンさんのウィークエンドサンシャインを聞いてたら、ボブ·ディランの曲で
Snow Trainと言ったので雪の?列車(北国のか?)と思ったら、↑がStone
Trainと唄ってるょぅに聞こえ石の?列車って何と思った後、バラカンさんが
ソウル トレインがどぅのこぅのと言ってて…ん?健作してみるとSlow Trainですた。
(これって鈍行の意味ですか?)私の地獄耳も焼きが回ったか?↑ストーンって
聞こえません?ディランの発音。

[PR]
by p3-saito | 2017-11-11 18:51 | ミュージック | Trackback | Comments(0)
ちょっとぃぃね!
 

(オマケ)
[PR]
by p3-saito | 2017-06-23 23:44 | ミュージック | Trackback | Comments(0)
今でそ。(^^;
私がラジオで初めて聴いたレッド·ツェッペリンの曲。

[PR]
by p3-saito | 2017-02-17 23:18 | ミュージック | Trackback | Comments(0)
Soul 7

ラストは軽くて(馴染むのに私は時間かかった)アル·グリーンですょ。


(こっちも捨てがたい+お宝も?)
[PR]
by p3-saito | 2017-01-06 19:07 | ミュージック | Trackback | Comments(0)
Soul 6

ジェイムス·カーのこの曲も好み。オーティス·レディングさえも欲しがってたとぃぅ声が深い。


(こちらレア?)
[PR]
by p3-saito | 2017-01-05 16:25 | ミュージック | Trackback | Comments(0)
Soul 5
久しぶりにディープなソウルを聴きたくなるのは正月だから?
(20年遅れでハマって)30代なってた(90年代)の頃思い出す私。

(訳詞はこちら参照)

[PR]
by p3-saito | 2017-01-04 20:22 | ミュージック | Trackback | Comments(0)