私の狭心症(完)⑤
・母の(狭心症手術は8年前だが)、発症(は遡ると更にその12,3年前~)の時と
 (胸痛以外は個人差ある)私も同じ発作症状にビックリ。特に(ネットで症例なし)なぜか
 手指を使った作業すると発作が…、食器洗い(も母不可なり父→私担当に)
 や草取り·庭木剪定も↑(支障にさすが私も一時悲観)。
・私は(緑内障の目薬副作用で)伸びるマツゲを鏡見ながら小ハサミで切る時にも
 発作が…(←たぶんパニック同様な緊張に弱い、のと狭心症も身⇔心2因ある?)
・狭心症(胸痛)→血圧上がるが、血圧上がり→狭心症(胸痛)はないと?主治医
・いずれにせよステント挿入以降、狭心症発作治まって好くなり再発せず。

・(8年前母の時も質疑したが)治療技術より進歩あり(薬剤溶出ステントの信頼性↑
 や)↑たしか(金属)留置後はMRI検査不可だった?のが今はOKと(事前確認)。
・(母の何度も入院付添で既知)空床なく(衝立アリ4人)準個室?¥1,000増。
 以前は(カテーテル入院)3泊4日が現在2泊3日(初入院の私感想:至れり尽せり)と。
 (母は食事味気ないと勝手に岩海苔やマヨ持込み血圧なんで上がるの言ってた!
 )入院食は薄味だが不味くはなかった。(規則的な食時間と就寝時を家でも)

人生初の入院·手術に(1人対応、ホカ回りに支えられ)私もよく頑張った!
(ぁ、1つ書き忘れてた.入院中もラジ講テキスト持込み病室勉の私どぅよ^^;勝った?)



(追記:入院費)
・(透析もしてた母の高額療養費に還付申請で前は3ヶ月毎?市役所行ってた)
・現在はさらに進化、(一旦窓口で支払い↑あとではなく)自己負担限度額を
 窓口で支払うシステムに(そのため限度額認定証を退院後に貰うょぅ言われた)。
・市役所で限認証貰う。(70歳未満は制限あり、説明受けるも不明点あり?
 帰ってからネット調べるも不正確な情報も.入院費はわかるが外来↑合算が)
・自己負担限度額は所得による。(フツーのサラリーマン年収だと月¥80,100+α)
 私の区分は¥35,400(^^;
・とぃぅわけで9/27病院支払に行き明細みてビックリ!
 ·(保険点数100,351点→{無保険}10割負担なら¥100万3,510円…ヒェーッ!)
 ·(3割負担なので以前なら一旦¥30万支払うことになってた)
 ·(限度額+)保険外の病院食と準個室含め計¥40,126円をカード払いした。

(一応命かかってるから手術でこの費用は納得)在職時にたくさん健保料払い
こういう時に相互扶助されてるのだなぁとシミジミ実感しました。(・_・)
[PR]
by p3-saito | 2016-09-26 20:05 | 私事 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://p3saito.exblog.jp/tb/23244123
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by arip314 at 2016-10-02 11:21
英語サロンに行ったとき最近はステントから薬が出ると話していたのが「薬剤溶出ステント」の話だったんですね。その人は手からステントを2本入れたと言ってました。入院は3日だったそうです。
Commented by p3-saito at 2016-10-02 14:42
薬剤溶出ステントは8年前母の手術時にもあってメリット/デメリット検討の記憶あり(今資料みると日本では2004年から使用と)、透析患者だった母は既に血小板値が下限以下で血がとまりにくいので、(血栓·再狭窄予防)薬溶出ステントだと術後に抗血小板(血液サラサラ)薬を(長期)服用必要が理由だったためか、結局、非溶出の従来ステント選択した気も(はっきり覚えてない)。透析に加え、乳癌に(外来)抗がん剤点滴治療中だったのもあり(当時)1週間くらい入院だったか、体力も考慮し狭心症のステント留置も冠動脈2本で(間1ヶ月あけ)2回に分け手術しました。
<< '16(前期)NHKラ... 私の狭心症(手術)④ >>