併読学習について
これまで発音や文法至上主義に陥ることなく、でも作文中心主義の私は
ラジオ·テレビほかバランス好く学習してきてますが、教材は学習初めから併読。
とぃぅのは1人の先生(テキスト)で全て網羅してるのに出会ったことない為。
併読の長所は(入門·初級)漏れ無いコト。短所は1冊終わるの時間かかるコト。
現在(コマ切れ)パラレル学習中が10冊(≦?)ほどあるか?のうちやっと1冊完。
a0050462_23294110.jpg

『実用漢語課本[日本語版]BOOK1』('02初版17刷)
定番中の定番ですね。私は学習し終わるのに12.5年かかりましたょ。(^^;
(だって500頁もあり、スミズミまでもちろん練習問題もやってですょ
 ちなみに↑1巻目は全50課のうち30課まで、あと2巻目も予定ょ)
この教材のょぃところはネィティブな解説。
[PR]
by p3-saito | 2015-09-30 21:00 | 中国語 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://p3saito.exblog.jp/tb/21695332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 併読学習について2 '15(後期)NHKラジオ >>