雑誌(連載1.1)
マニア度3.5
a0050462_23304981.jpg
「月刊中国語」の発行が内山書店に変わる前は大修館書店から出てたが,その大修館の
後半でB5判だったの('75-4~'90-3¦183~363号)を先に。編集が倉石武四郎先生と表紙
に載ってるのは亡くなる'75-12月号まで。'76-4月号から編集代表は藤堂明保先生となり
やはり亡くなる'85-3月号まで。以降は中国語友の会編集が内山書店まで続く。手元にこの
B5判のは159冊あり,'85年度のみ(通常はステッチ綴じ40㌻だが)増刊号(糊綴じ136㌻も)
あり年13冊出たようだ。
[PR]
by p3-saito | 2011-01-11 23:58 | 中国語 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://p3saito.exblog.jp/tb/11894619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はるさめ3428 at 2011-01-12 19:58 x
さすが!きっちりデータ取られてますね。
私の場合、「月刊中国語」は順番めちゃくちゃでリビングの収納箱に詰め込んでいて、saitoさんからお譲りいただいた物もダブリチェックなどせずそのまま混ぜています。で、気が向いた時に適当に一冊取り出して読んでいます。
そういえば、連載物のコミックスも家の中の本棚のあっちこっちに散らばってるな~。つくづく整理整頓から縁遠い女。。。
こういう私ですが、娘二人は自分所有の本を順番通りにきちっと並べて収納しています。反面教師でしょうか?
Commented by Saito at 2011-01-12 20:14 x
そぉですねぇ~。私にはもぅ
「片付けなさい!本で家の2階(私の部屋)の床が抜ける!」
(ここで復文の後半には“不然{さもないと}”を使うアルか?)
と叱責してくれる人(他律)がいないので、自己管理するしか
ないのですょ…。(^^;
Commented by chaiko at 2011-01-17 18:05 x
私から見ていると、お二人とも収納方法に違いはあるようですが、どちらもオタクという点で同じ匂いぷんぷんですよ~~(笑)。
すごく話題が合いそうですよね♪
Commented by p3-saito at 2011-01-19 00:17
过奖过奖……嗯,ほめてない?(^^ヾ
これはマニア度3.5で、まだ4や5のネタが溜まってるのですょ~♭
<< TECC(結果7) 間食してもさっぱり太らない私… >>