プレ・マニアねた(連載0.9)
(暑さと忙しさでひと月遅れになったネタに漸{ょぅゃ}く手を付ける)
私は雑誌愛好者である。というか,雑誌こそがその分野(における現象)を最も適確に表わすものと思っている。私が言うのだから間違いない。教科書や文献に纏められたもの(定説)だけではそのリアルタイム感や内輪話、揺らぎ感が得にくい。また何事にも旬というものがあり(その業界が)成熟する前の発展期が1番面白い。で,中国語(学習)の雑誌である。現在は「聴く中国語」と「中国語ジャーナル」が2大メジャーかと思うが既報の様に私は買っていない。その前は「月刊中国語」と「中国語の環」がメインで知られていた。というわけで次回へつづく…今天就到这儿吧。(^^;
[PR]
by p3-saito | 2010-07-30 17:40 | 中国語 | Comments(2)
Commented by はるさめ3428 at 2010-07-31 21:30 x
「月刊中国語」いいですよね~。
読んでいて、執筆者の中国語への思い入れの強さが伝わってきます。執筆されている先生方はみんなマニアック?笑 その道の専門家にマニアックって表現は失礼でしょうか?
Commented by p3-saito at 2010-08-01 00:13
学会誌でもなく、商業雑誌でもなく、中国語学習(が好きな)者たちの雑誌であったところに一念を感じます。マニアというより中級者向けの貴重な雑誌という感じでしょうか。
<< まったり フランス語メモ 11 >>